Advanced Japanese Reading Practice 3

Articles:

  • 「オゾン層に回復の兆し」 米研究グループ
  • ネット動画で広がる被災地応援

Tip 1: When studying the vocabulary read it out-loud – Even if you’re just moving your lips (because you’re in public, for example) reading the vocabulary and what it means out-loud will help cement the readings and meaning in your memory.

Tip 2: When reading the articles read out-loud – Your brain will have to work harder to sound out every word. This is important because when you read in your head you’re more likely to skip over words and readings, which won’t help your comprehension.

Tip 3: 
Time yourself when you read an article – Make a note of how long it takes you to read and try an improve on that time. This is not only good practice for vocabulary but also for your comprehension and reading speed.

Click here if you’re wondering “What is Advanced Japanese Reading Practice?

Click here for Advanced Japanese Reading Practice on Memrise – all vocabulary in free flashcard course with articles.

「オゾン層に回復の兆し」 米研究グループ

 

Kana English Common Japanese Kanji
きざし signs 兆し
ゆうがい harmful (na-adj) 有害
しがいせん UV rays 紫外線
さえぎる to interrupt 遮る
なんきょく south pole 南極
めんせき area, surface, size (of land) 面積
へいほう square (i.e 100m square) 平方
あまり more than 余り
しゅくしょう reduction 縮小
はいしゅつ emission 排出
さいたく (to) adopt, select 採択
ぎていしょ protocol 議定書
ほご (to) protect, care for 保護
しょうわ Showa 昭和
きち station, base 基地
じんこうえいせい man-made satellite 人工衛星
かんそく observation, survey 観測
かいせき analysis 解析
ひかく comparison 比較
けつろん conclusion 結論

 

「オゾン層に回復の兆し」 米研究グループ

Advanced Japanese Reading Practice 3有害な紫外線を遮る南極上空のオゾン層が破壊され、穴があいたような状態になるオゾンホールの面積が、過去15年間で400万平方キロメートル余り縮小し、オゾン層が回復する兆しを見せているとする研究結果を、アメリカの大学などのグループがまとめました。

これは、アメリカのマサチューセッツ工科大学や、イギリスのリーズ大学などの研究グループが、30日付けのアメリカの科学雑誌「サイエンス」で発表したものです。

有害な紫外線を遮るオゾン層は、1980年代以降、冷蔵庫などに使われていたフロンガスなどの排出によって破壊が進み、1987年に採択された「モントリオール議定書」を受けて、各国がフロンガスなどの排出規制を強化するなど、オゾン層を保護する取り組みが続けられてきました。

研究グループは、オゾン層の変化を調べるため、南極上空のオゾン層が破壊され穴が開いたような状態になるオゾンホールの状況を、日本の昭和基地や人工衛星などから得た観測データをもとに解析しました。

その結果、1年のうちでオゾンホールの面積が最大に近づく9月のデータを比較した場合、ピークだった2000年から去年までの15年間で400万平方キロメートル余り縮小していたということです。

これについて研究グループでは、「世界が正しい道を進むことで、地球が回復に向かうのを確かめることができた」として、オゾン層が回復する兆しを見せていると結論づけています。

ネット動画で広がる被災地応援

 

Kana English Common Japanese Kanji
ひざいち area hit by disaster 被災地
おうえん aid (not 支援) 応援
くまもと Kumamoto 熊本
うすれる to fad, become dim 薄れる
けねん worry, fear 懸念
もりあがる to stir up 盛り上がる
とりくむ to make an effort 取り組る
はんきょう echo; response 反響
きふ donation, contribution 寄付
ぶんかざい cultural assets 文化財
しゃでん shinto shrine 社殿
あそし Aso city 阿蘇市
ふっきゅう restoration (not 復興) 復旧
しえん support, assistance (not 応援) 支援
ゆうし volunteer 有志
そんかい damage, destruction (not 破壊) 損壊
ちいき area, region 地域
とうこう submit, post 投稿
きぎょう corporation, business 企業
しくみ arrangement 仕組み
みやまいり shrine visits 宮参り
ふしめふしめ each turning point 節目節目
ちょくご immediately after 直後
おとすれる to visit 訪れる
さんじょう disastrous scene 惨状
ぼうだい huge, vast, enormous 膨大
しにせ old, well established shop 老舗
りょかん ryokan (Japanese inn) 旅館
わかおかみ proprietress-to-be of a Japanese inn 若女将
さんどう road leading to shrine 参道
てんしゅ shop keeper 店主
ふうか weathering 風化
かかげる to publish, to print 掲げる
おもい thoughts 想い
ふっこう reconstruction (not 復旧) 復興
しょくいん staff members 職員
はけん dispatch 派遣
ちょうみん townspeople 町民
えいぞう image, picture (on TV/in mind) 映像
りゅうしつ washed away 流失
くなん suffering, hardship 苦難
むすぶ to tie, connect; to conclude 結ぶ
ぶっしんりょうめん physically and spiritually 物心両面
しゅだん means, way 手段

ネット動画で広がる被災地応援

熊本地震からまもなく3か月になろうとしています。被災地への関心が薄れていくことへの懸念の声もあるなか、インターネットでは動画で被災地を応援しよう、盛り上げようという取り組みと反響が広がっています。

再生すると寄付に

Advanced Japanese Reading Practice 3ことし4月の熊本地震で国の重要文化財に指定されている楼門や社殿が被害を受けた阿蘇市の阿蘇神社。再建にはおよそ10年の期間と20億円ほどの費用がかかると見込まれています。
その復旧を支援しようと、地元の有志たちが動画を立ち上げました。損壊した神社の姿や復旧を願う地域の思いを紹介した動画は動画投稿サイト「ユーチューブ」で配信され、1回再生すると、ユーチューブに広告を出している企業などから現金が神社に寄付される仕組みです。
動画を作った阿蘇市出身の中島昌彦さん(34)は、実家の近くにあった阿蘇神社とは、お宮参り、七五三、結婚式と人生の節目節目で関わってきました。
地震の直後に訪れると楼門や拝殿の木材が散乱し、その惨状に大きなショックを受けたといいます。

再建には長い年月と膨大な費用が必要だと知り、神社を知らない人にもその大切さが伝わるよう、神社と関わる人の声を届けようと友人たちと動画配信を始めました。これまでに、神社の近くで100年以上営業を続けてきた老舗旅館の若女将や、参道にある時計店の店主などの思いが紹介されています。
5月に公開して以降、動画の再生回数は1万回を超えたということで、神社の再建を支えるため、また地震の被害が風化しないよう、今後も更新を続けていくということです。

全国各地から

熊本県出身の女子大学生が被災地を勇気づけたいと応援を呼びかけたことをきっかけに、全国から集まったメッセージをまとめた動画も反響を呼んでいます。動画では、全国各地の大学生や高校生が「応援しています」「負けるな熊本」「無事を祈っています」「全力応援」など手書きのメッセージを掲げる姿が紹介されています。ネット上では動画を見て、「本当にありがとう爆泣。元気が出た」「想いをカタチにすることがこれほどに素晴らしいものなんだと実感した」「この先、困難などでくじけそうになっても諦めずに頑張っていこうと思えた」「熊本人は地震になんか負けんばい!頑張るけん!!」など、勇気づけられたという多数の声が寄せられています。

東日本大震災の被災地からも

Advanced Japanese Reading Practice 3被災地どうしのつながりから作られた応援動画もあります。5年前の東日本大震災で被害を受けた宮城県女川町はことし5月、熊本の被災地に向けたメッセージ動画を公開しました。女川町には3年前から毎年、復興支援のため熊本県美里町の職員が派遣されており、感謝を込めて熊本の被災地に向けた応援メッセージを送ったということです。

動画は、かさ上げが進む町の中心部にある工事現場で町民や職員などが「ガンバッペ」の人文字を作り、空から撮影したものです。映像のあとに流れるメッセージでは、「町の7割が流失した女川町では、今、新しい町が生まれてきています。人々は悲しみと向き合い、そして前を向き、大きな苦難を乗り越えてきました。熊本地震で被災されたみなさんの心の痛みは、私たちの痛みでもあります。がんばっぺ、熊本。私たちの心はみなさんとともに。」と結んでいます。

動画を見た被災地の人たちからは、「感動しました」「応援ありがとう」「頑張ります」といった声が寄せられているということです。熊本県美里町も町のホームページで、「わたしたち美里町も、全国各地からいただいた物心両面での支援をいただきながら、一日も早く元の町の姿にもどれるよう、頑張っていきます。がんばっぺ 熊本。ありがとう 女川町。」とメッセージを返しています。

被災地に心を寄せる人たちの思いをつなぐ手段として、ネット動画を活用しようという取り組みは今後も広がりを見せそうです。

Liked it? Take a second to support Niffer on Patreon!
Bookmark the permalink.

Leave a Reply